梅雨に咲く紫陽花

梅雨の季節に注意してあげたい事

鹿児島は梅雨真っ只中 今日は何日も雨が降りきらずにいるせいなのか薄暗い雲が広がり空気も重く特にだるさを感じた休日でした。よく梅雨は憂鬱になると言いますがやっぱりそれって体調が優れないからなんですよね。

梅雨が人に与える影響

  • 頭痛
  • 身体が重だるい
  • むくみ
  • 眠気・不眠
  • 食欲不振・下痢・吐き気
  • 関節の痛み・古傷の痛み
  • 息苦しさ

思いつくだけ挙げてみましたが私達人間の体にも多湿と気圧が大きなダメージを与える梅雨、これが犬や猫達に何ともないわけがない彼らもしんどいに決まっていますよね

梅雨時期のペットの異変

  • よく寝ている
  • 身体を痒がる
  • 嘔吐・下痢
  • 食欲不振

梅雨時期のトラブルの予防と対策

皮膚・耳

梅雨の時期は家の掃除をしていても分かると思いますが 「あれ?こんな所にカビ?」って事も良くあると思います。動物は毛で身体が覆われているため蒸れが原因で皮膚に細菌が繁殖しやすくなりそのせいでマラセチア(真菌)などのカビの一種の外耳炎、皮膚病になりやすくなってしまいます。マラセチアなどの外耳炎予防には定期的に耳掃除をしてあげロングコートのワンちゃんはサマーカットにしてあげたり散歩の時はレインコートを着せ、帰り着いたら体と手足を拭くように習慣づけるのも皮膚トラブルの予防につながります。あとカイセンやノミ、ダニによるアレルギーで体を痒がる子もいますので病院で処方されるノミダニ駆除薬を使うなどしてなるべくペットへの負担を減らしましょう。

食欲不振・嘔吐・下痢

普段口にするもの食事や水 容器などを清潔に管理しましょう。置き餌、置きおやつは、せず食べさせたら片づけ洗う。水も新鮮なモノを飲めるように一日2,3回は変えてあげ、ドッグフードやキャットフードなどを多めに買わず小分け袋などに入った物に切り替えたり保管場所にも工夫をしましょう。腐ってしまったり蒸れと湿気でカビなどの菌の繁殖も早いので気を付けなければ食欲不振、下痢の原因になります。あと寄生虫予防も忘れずしましょう。猫ちゃんはグルーミングをするため毛玉をよく吐きます。冬毛から夏毛に生え変わりの時期でもありますので少しでも負担を減らすために事前にブラッシングをし毛の飲み込みを減らしてあげたりホームセンターなどで猫草を買ってプランターに植えとくのもオススメします。

さいごに

猫は暑いのが大丈夫とか言われますが気圧と湿度の変化は、どんな生き物であったとしても体力を奪ってしまいます。大切な小さな家族の為に一定の温度と除湿換気を心がけたり寝具なども清潔に保てるようにしましょう。我が家では梅雨前には猫トイレの砂の種類シリカに変え使い分けたりしていますよ。日頃から愛犬愛猫をよく観察し体調不良になる前に早め早めの対策をし少しでも多くの時間を共有できたら幸せですよね。

それでは、今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

皆様が、今週も素敵なスタートを切れますように。。。

全国的のも曇りや雨が多くなりそうなので傘やレインコートをお忘れなく

コム君の写真の下のランキングを2個クリックして頂けると

ブログ更新の励みになりますのでポチっとお願いします


人気ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
2+

コメントを残す