猫が何か企んでいる顔

猫の真の企みをご存じですか?

笑うかもしれないが、たまに思うことがある。それは、猫は人間の愚かさに呆れ、そろそろ地球戦略を企むんじゃないかという事だ。なぜそんなバカみたいな考えが浮かぶのかと言うと。ここ最近4月から毎日家にいると猫に飼われているのは私じゃないかという錯覚に陥る。

にゃんこ兵の攻撃

眠りからさめると、その妄想は確信へと向かう。ベットからゆっくり起き上がり、犬達をトイレに出し終わると早速、にゃんこ歩兵部隊が私がどこまで朝の準備が進んでいるかを偵察にきます。ある程度、支度がすむと見張り塔(テレビボード)から合図がおくられます。すると凄腕の若き騎士団が私をマークしふくらはぎを甘噛みしに来るのです。これはお腹すいた攻撃で地味に痛く目が覚めます!

椅子に座りコーヒーでも飲もうものなら容赦なく攻撃をしてきて「早よ餌やれ」とばかりに頭突きをしてくるので、重い腰をあげ食事の準備をするのですが、準備が整うまでは長老の騎士団の視線の圧に耐えなきゃなりません。一日も欠かさず一日2回はこの攻撃がくりひろげられ夜中になると、まだ若い兵がドタバタと訓練をしはじめるのです。何もない時は彼らは大概寝ていますが、家の世帯主は猫のボスで家具も全部が彼らの所有物で、私は椅子に座るのさえ気を使い、隅に浅く座らせてもらえるほどのスペースしかない。

こんな生活を長くしていると、彼らの地球戦略は刻々と迫っているように感じますが、猫を飼っておられる皆さんはうっすらと、そんな予感はしているのではないかと思います。

猫を飼っているつもりなのは人間だけ。

私たちは猫を飼っているのではなく、にゃんこ星人に飼いならされているのです。彼らの為にせっせと稼ぎ、彼らの為に身の回りのせわをし、機嫌をうかがいながらも支配されていることに大きな喜びを感じている事にお気づきだろうか?そして人間が今まで飼いならしてきた生き物の中でこれほどにも戦略にたけた生き物は長い歴史の中でいただろうか?たぶん、いや、これほど頭の切れる種族は猫以外にいないはずだ!先日 にゃんこ会議を偶然耳にしたのだが、にゃんこ星人の戦略は私達人間に休息と癒しを補給させる為の世界平和を企んでいるそうだ。そして、今はその時に備えての試練を与えている。長い歴史の中、戦をやめなかった人間への制裁だと話していた。

自分たちの魅力を最大限に活かす猫

有名な偉人達は猫のそんな猫の魅力に、気付いてた者も多い。その証拠にレオナルドダヴィンチも「猫科の一番小さな生き物つまり猫は最高傑作である。」とまで言っているし多くの偉人たちは猫に魅了され沢山の名言や格言を残している。それほど知的で美しく静かなる大きな愛のある生き物だと知っていたからに違いないのです。

さいごに

そう考えていると、猫が地球戦略を自移行する日は近い新たな幸せの光が射し込むかと思うので、これからも彼らの言いなりになり、ちゅーるやお肉を沢山貢ぎたいと思います。皆さんは、いかが思いましたでしょうか?

それでは、今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

皆様と小さな、ご家族に沢山の幸せが降り注ぎます様に、それと

コム君の写真とアイビーの写真のランキングと

その下のハートマークまでクリックして頂けるとブログ更新の励みになりますので

ポチっとお願い致します


人気ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
4+

コメントを残す