ノミが活発になる梅雨から夏 ペットへの対策

もうしばらくすれば みんなの大嫌いなフロントラインが届く多頭飼いだと1か月の駆除薬代だけでも大変だ。がしかし投与しなければもっと大変な事、恐ろしいノミ達が大量発生とゆう大惨事がおこるのだ、中にはフロントラインが大嫌いな子がいて逃げ回ったりする。たぶんスプレーされると勘違いしての事だと思うがそこまで嫌がらなくてもいいのにと毎回思うんです(笑)。今回はフロントラインプラスの月だから猫達も少しはストレスを感じないでくれるといい。と言うのも我が家では毎回スポットタイプは価格の関係でできないのでスプレータイプと使い分けをしている今からはノミも活発になるのでスポットタイプのお世話になります。

ノミがペットと人間に及ぼす被害

ペットに寄生するとノミアレルギーや条虫の寄生、痒み被害が出てきます。ノミが猫を刺しバルトネラヘンセレという菌に感染し人間をひっかいたり噛んだりした場合「猫ひっかき病」にかかってしまう事があり頭痛や熱・リンパの腫れを引き起こします。保護した子猫にノミとダニが酷かった事がありますがその子は血を吸われすぎて貧血を起こし衰弱していました。子猫なら命を奪われる事もある怖いノミ、ペストもネズミや犬、猫を宿主として媒介する事で流行した病気です。こう考えると人畜共通の感染原因も多いので早めの対策をしていた方が良いですね。

ノミの生態

ノミは1㎜から9㎜昆虫綱(こんちゅうこう)でメスの方が大きくシラミの仲間で最も進化した昆虫とも言われています。あとお外散歩で付いてくるマダニはクモの仲間って知っていました?余談です。私は甲殻類のエビが好きなんですがエビばかり食べてると動物オタクの娘が「お母さんエビの尻尾ってゴキブリの羽と成分いっしょなんだよ。それに節足動物だから仲間だね」と子供の頃よく意地悪を言ってましたが私はお構いなしでエビをムシャムシャ食べていると「恐るべしエビババァー」って言っていました。話はかえりノミの適温は13℃くらいと言われています高温には弱く35℃以上がつづくと10日で50%くらいのノミが死滅するそうです。寝具を乾燥機にかける時は高温で回すといいですね。

ノミは1週間から2週間の間でふ化し3齢の脱皮を繰り返しサナギになりフケや人の髪の毛成虫の糞などを食べて成長し蚊やアブと同じで二酸化炭素や熱などに反応して動物の体に寄生し雄雌に関わらず直ぐに血を吸い1日で交尾をし2日以内には産卵をし20個から50個の卵を産みますが一生のうちで400個から1000個の卵をうみます。成虫期間は2週間から4週間とされています。

脚力に優れていて体の60倍ほど飛び 上には100倍から200倍ほど飛びますがそれほど飛ぶのはほとんどのノミは一生懸命に一度寄生する時だけと動物病院の掲示板で見た事があります

さいごに

いかがでしたか?ノミダニ駆除はしていた方が良いと思いませんか?小さな体で人間にもペットに及ぼす被害はとても多い事がわかりますよね。我が家は頭数が多いのでできるだけ被害を減らすためにカーペットなどノミが住みつきそうな物はできるだけ置かないようにしたりと工夫をしています。それとホームセンターやペットショップなどで売られている物は肝心なノミダニには効かずにペットに刺激が強すぎてしまったりしてし病院にとゆう事になりかねませんので駆除薬は必ず動物病院が進める物をお使い下さい。

それでは、今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

6月21日今日は日食が見れそうですね おまけに大安ですよ。

皆様と小さな家族が、素敵な休日を過ごせますように

コム君とアイビーの写真のランキングを2個クリックして頂けると

ブログ更新の励みになりますのでポチっとお願いします


人気ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
1+

コメントを残す