7月7日 七夕 どんな願いを書きましたか?

七夕って言えば、願い事と織姫と彦星のが年に一度会えるお話だけど

元は1800年前、古代中国の乞功奠(きこうでん)とゆう宮廷行事だった。7月7日の夜に、田畑の星 彦星、機織りの星 織姫星に田畑で収穫した物や手芸に使う針などを備えたとされていますが、多くは富や幸福、子孫繁栄を願ったそうです。

日本の七夕

その乞功奠は奈良時代に日本にも伝えられたとされています、その他にも7月7日に水の神様に豊作の祈りをする為に7月6日の夜から7月7日にかけて、川近くの小屋で機織りをする棚機津女(タナバタツメ)とゆう巫女のことを織姫とも言われたとされています。日本の七夕は、中国の乞功奠とが合体したものだという説が高く平安時代の天皇や貴族たちが中国の風習をまね竹に糸をつるし七夕の節句とされたものが民にながれ、しだいに棚機津女(タナバタツメ)織姫となりいろいろな行事と混ざり合ってでき江戸時代頃になればすっかり寺小屋に通う子供達から庶民の行事として定着していたようです。

なぜ、竹に短冊を結ぶのか 七夕への願い

竹は、魔よけになるからとか、一年をとおして、枯れる事もなく色も変えずに伸び続ける植物なので願いが天に届くと考えられて、竹に糸をつるしたものに貴族たちが、詩(うた)を書いたものが付けらるようになったのが短冊のはじまりだといわれています。なので短冊に願いを書くのは日本だけですが、七夕の願いは、叶えばいいな。と思っている事ではなく、頑張っている事を叶えるために書く願いごとだそうです。これもきっと江戸時代に学問に励んでいる子供達に寺の住職が、目標設定をさせ向上心をあげる為に考え付いたことだと思いました。

それでは、今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

皆様と小さなご家族の願いが織姫と彦星に届き

ご家族に沢山の幸せが降りそそぎますように

コム君の写真とアイビーの写真のランキングを2個クリックして頂けると

ブログ更新の励みになりますのでポチっとお願いします。


人気ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
0

コメントを残す