黒缶が凄いことを猫は知っていた!

わが家には ドライフードを全く食べられない猫が2匹(ウエットフードのみ)、三郎と福が居る。ドライフードだけだと食べない猫が11頭。特に三郎は少しでも個体が残っていると吐いてしまうのでウエットフード選びにも頭を抱える!頼みの綱の猫用 鯖缶が地域取扱店の3店舗にもみあたらず鹿児島市内まで鯖缶巡りをしたあげく問い合わせ先に電話して廃盤になった事を知った私は頭が真っ白!いったいこれから何をあげればいいの?以前はモンプチ3缶組を食べさせていたが猫様、飽きたのか食べなくなってしまった。ご褒美としてたまになら1個300円ほどのウエットフードをやれるが毎日365日2食を11頭にあげられるほど我が家は まだリッチではないので何かいいウエットフードがないか調べまくってみた。

ウエットフードを選ぶポイント

  • 栄養価
  • 安全
  • ほぐれやすく簡単にペースト状になるか(他のウエットフードと混ぜる為と三郎が吐かないように)
  • 猫様が好むか(食いつきの良さ)
  • 価格

すると凄いじゃないか黒缶!パウチより缶はパサパサしているけど工夫すれば食べてくれそうだ!!ゼリーが残っていたら福が食べてくれない、だからパサパサで私は大歓迎なのだ。と思いながらホームページを読みすすめているとなんか感動して泣けてきた。黒缶は43年沢山の壁があっただろう、その頃のの日本はまだ犬や猫は残飯でいいとゆう感覚が多く残っていた時代でいい事ばかりではく苦難もあったはずそれでも諦めず改良を重ねながら品質の向上に努め、しかも私たちが立ち寄るスーパーなどでは買わなくても目にする猫缶!という存在で日本人のペットに対する感覚を大きく変えてきた会社なんだって気付かされ有難うと言葉がpcに向かってもれていた!アイシア黒缶ホームページ読めて本当に良かった。で、いつも疑問なんだが、なぜ黒缶の陳列は下の方なんだろうか?これは鹿児島だけのことだろうか?それにこんなにもいい会社で商品なのになぜかイメージが良くないのは私だけなのか?

また、よっぽどではない限りホームページに行きつく事は なかなかないので もっと何かプラスイメージのアプローチ方法がありそうな気がして勿体ない気持ちになった私でした。さてさて

毎日 黒缶 3缶パック

規格480g(160g×3缶)
原材料名魚介類(カツオ、フィッシュエキス)、オリゴ糖、ミネラル類(Ca、Mn、Zn)、ビタミン類(A、E、K、B1)
保証成分値たんぱく質:13.9%以上、脂質:0.9%以上、粗繊維:0.1%以下、灰分:3.5%以下、水分:82.0%以下
カロリー80kcal/100g
賞味期限製造より3年印字例:2022.1.1(2019年1月1日製造の場合)

栄養価

DHA・EPA約2倍 鉄分・約5倍 タウリン・約5倍 ビタミンE・約2倍

タウリンって聞いたことあるよね、例えば人間の栄養ドリンクとかに、ひどい疲れにタウリン2000mgとか疲労回復タウリン3000mgって表示があるけどタウリンってなに?って思うかもしれないので簡単に説明すると。甲殻類や魚の血合い肉に多く含まれている成分含流(がんりゅう)アミノ酸の一種、必須アミノ酸で人間の体にも猫の体にも目や肝機能などや成長、発育の働きを助ける役割もしています。(母乳などにも含まれている栄養素)

黒缶は多くのタウリンと鉄分を含む魚の血合い肉を使用する事で猫のパーワーの源になる栄養素が約5倍入っている嬉しいウエットフードだ。

安全性・材料 

魚介類(カツオ、フィッシュエキス)、オリゴ糖、ミネラル類(Ca、Mn、Zn)、ビタミン類(A、E、K、B1) 

天然由来の原料だけなので余計な人工添加物は入っていないようです。ここでパサパサの理由も分かるような気がするよね。

ほぐれやすく簡単にペースト状になるか

水煮タイプなので、そのままではペースト状にはならない。なのでAMANさんのネコご飯クッキングの写真を撮ってみました。

材料は5種類です。 

今日は、黒缶・半分、a/d缶・半分、コトコト・少々、免疫スパンA・山盛り1杯、ミャウミャウ・3個 

  1. 黒缶とa/d缶を容器に移し替え電子レンジで約1分温めます。温める理由、常温より匂い食いつきが良くなる。他の材料も混ざりやすくなる。
  2. 温かいうちにコトコトと免疫スパンAを①が入った容器に入れよくかき混ぜる
  3. 免疫スパンAが入った①ようきにミャウミャウを3個入れペースト状になるまでかき混ぜます。(*このミャウミャウはアイシアが北里大学と共同開発)

待ちきれない福ちゃんが味見に来ます。

いかがだったでしょうか?

まだ黒缶は、はじめたばかりですがここ2日三郎君は吐く事もなく、お腹の調子が悪くなる事なく食いつきもOK「おいしい」って言いながらいつもより早い完食でした。美味しいご飯だった時は必ず「おいしい、おいしい」と喋りながら食べ、嫌いな時は「いらない」と砂をかけるしぐさをするので分かりやすい三郎は 黒缶がとてもお気に入りのようです。このまま順調に食べてくれれば私のお財布にも優しい価格で嬉しい事ばかりなのでリピートしたいと思います。また追って報告していきますね。

最後までお付き合い頂きまして有難うございます。

今日も皆様にとってミラクルハッピーな一日でありますように

いつも感謝

1+

コメントを残す