何もしないをする、セラピードッグ・セラピーキャット

こんにちは、今日は 変な題名だって自分で思っているけどこれ以上思いつかない

  えのきが天国に旅立ってから18日 大きな声で鳴きながら私の後をついってまわる子がいないせいで少し静かになった我が家には  まだ32頭の子が元気に暮らしている。彼らはえのきの死をちゃんと受け入れて前に進みだしているようだ。それは動物が無関心で薄情なわけではない。囚われない生き方をちゃんと知っているからなんだと思う。人間の私は残念ながらまだ何かを引きずっていて、後悔とかなんとも言いようのない気持ちがまだ整理できていない。

そんな心を知ってか知らずか まるで「お母さん、えのきの事も亡くなった兄妹の事も僕らは誰の事も忘れてないしお母さんを攻めてもいないよ。辛い経験だけじゃなかっただろ?」って言ってるように近くでゴロゴロと喉を鳴らしながら寄り添ってきたり、しょうもない事で手を焼かせる。そう思うのは錯覚だよ。 動物がそんな思う分けがあるわけないと言うかもしれないが、彼らにはちゃんと感じ取って見ている。こんな気持ちにならないと普段は、彼らが近くに居てくれる事が当たり前で、ありがたみに気づけない

動物は最高のセラピスト

まるで セラピーキャット セラピードッグだ。それも凄く優秀で、高額な請求もしない。そのかわりに時に何もしなくなるが彼らは故意に何もしない事を選ぶのだ。まるで「クリストファーとくまのプーさん」の約束みたいに。何もしないことがいかに大切かを教えてくれる、私達は、何もしないことが罪のように、いつも何かをしていないと不安になって、何かをしないと失ってしまうのではと、おそれるばかりに何かをしつづけて自滅行為にはしる 

集団心理

誰かが右と言えば、右ならえが正解のように集団心理の渦にまきこまれ気づいた時には、何もできなくなってしまている人も多いのではないだろうか? 

いや、そんな人ばかりだろう・・・ そして何かをしたら対価を求め 見合ったものが返って来ないと不満に思いどこかで誰かを攻撃してはいないだろうか?

例えば、皆が学校に行くからと学校に行かない子を攻めてはいないだろうか?行かない事には何かの理由があるのに、行かなければ行かないで攻め立て学校からの帰りや旦那が会社から帰りが遅ければ攻め立て、芸能人が浮気をすればメディアは群衆を巻き込み攻め立てる。報道関係者や同調する群衆は浮気したことのない聖人なのだろうか?それどころか、私達の人生には芸能人のトイレ不倫なんてどうでもいいのだ。今さら攻めても応じた女性が居た事は事実で彼女は自分が求めた対価が返ってこないから攻撃にでただけだ。それを「可哀想」「人間の弱さ」「不純」だという人の意見に左右される多数派が正しいと思い込み攻撃している事を正義と正当化していないだろうか?そんな人間関係や社会におかしいと気づき疲れたら、

何もしないことをしてみたら貴方にだけの何かキラキラ、ワクワクする何かが見えてくるかもしれない。

それでは、今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

皆様と小さな家族が、素敵な何もしない時間を少しでも過ごせますように

コム君とアイビーの写真のランキングを2個クリックして頂けると

ブログ更新の励みになりますのでポチっとお願いします


人気ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
1+

コメントを残す